平城宮跡史跡指定100周年
奈良文化財研究所創立70周年シンポジウム

平城宮跡過去・現在・未来

令和4 625(土)

なら100年会館大ホール
〒630-8121 奈良市三条宮前町7番1号

参加フォームはこちら

チラシのご案内(3.9MB)

参加費無料

事前申込制

定員500

平城宮跡史跡指定100周年・奈良文化財研究所創立70周年シンポジウム - 平城宮跡過去・現在・未来

趣旨

平城宮跡は、「史蹟名勝天然紀念物保存法」により、大正11年(1922年)、いまでは第二次大極殿、東区朝堂院と呼ばれている地区が史蹟に指定されました。このため、今年、令和4年(2022年)は、史跡指定100周年にあたります。また、今日、平城宮跡とは切っても切れない関係にあり、その調査研究を進めている奈良文化財研究所の創立70周年の年でもあります。そこで、平城宮跡史跡指定100年、奈文研創立70年を記念して、シンポジウム「平城宮跡の過去・現在・未来」を開催いたします。大正年間の平城宮跡の史跡指定にまつわる様々な事柄をはじめ、現在、なお進行中の平城宮跡の発掘調査の成果、そして平城宮跡の新たな課題である活用など、平城宮の過去・現在・未来について議論し、これからの平城宮跡の保存、調査・研究、活用について皆様と探っていきたいと考えております。

12:00~13:00
開場・受付
13:00~13:10
主催者あいさつ 本中 眞【奈良文化財研究所長】
13:10~14:10
基調講演「平城宮跡の調査研究・公開活用と奈良文化財研究所」 佐藤 信 【東京大学名誉教授】
14:10~14:20
休憩
14:20~17:00
シンポジウム「平城宮跡の過去・現在・未来」
14:20~14:45
「平城宮跡の史跡指定」 内田 和伸 【文化遺産部長】
14:45~15:10
「奈文研による発掘調査」 神野 恵 【都城発掘調査部 平城地区考古第二研究室長】
15:10~15:30
「平城宮跡の活用と未来」 岩戸 晶子 【企画調整部 展示企画室長】
15:35~17:00
パネル・ディスカッション「平城宮跡の過去・現在・未来」
本中 眞 【コーディネーター】
佐藤 信
神野 恵
岩戸 晶子
中村 孝 【国土交通省近畿地方整備局 国営飛鳥歴史公園事務所長】
山下 信一郎 【文化庁文化財第二課長】
中村 俊介 【朝日新聞大阪本社編集委員】
  • 大正13年建設の「史蹟 平城宮阯」標識(大正11年[1922]史跡指定)
  • 第一次大極殿の発掘(第69次 昭和45年[1970])
  • 平城宮跡の活用(赤米献上隊)
平城宮跡史跡指定100周年・奈良文化財研究所創立70周年記念シンポジウム 準備事務局
TEL: 0120-555-273 E-mail: css_op@gtcenter.co.jp 受付: 10:00~17:00 平日(土日祝日休)
主催:
独立行政法人国立文化財機構 奈良文化財研究所
後援:
文化庁、国土交通省近畿地方整備局 国営飛鳥歴史公園事務所、奈良県教育委員会、奈良市教育委員会、平城宮跡管理センター、平城京 再生プロジェクト、朝日新聞社、NHK奈良放送局、近畿日本鉄道株式会社、奈良交通株式会社